放送波の違いとは

地上アナログ放送から、地上デジタル放送に変わったという変化は、ラジオのAMとFMの違い…のようなものではありません。『UHF』と『VHF』という単語を聞いたことがあるかもしれません。地上デジタル放送で用いるアンテナは、『UHF』に対応したものとしなければなりません。そうでないと放送波が受信できず、テレビが見られません。そのために、アンテナ工事が必要となる場合があるのです。今まで用いていた放送波よりも、地上デジタルの放送波は高周波となっており、いわゆる『双方向』での通信が可能となっています。それにより、実際の実用性は置いておくとして、ユーザー参加型、のテレビ番組が可能となっているのです。

放送波が違うということは、もちろん必要とする機器も異なるわけで、それはテレビそのものも例外ではありません。テレビも、地上デジタル放送に対応したものでなければなりません。ただし、専用のチューナーを用意すれば、今まで用いていたテレビでも放送だけならなんとか見ることができるようになります。現代、もちろんアナログ放送に対応したテレビは販売されていませんから、テレビを買い替えるという方法が一番手っ取り早い、確実な方法であると言えます。

カテゴリー: 未分類 | 放送波の違いとは はコメントを受け付けていません。

地デジと地デジアンテナ

生活において欠かせない要素…昔は三種の神器、という言い方をすることもありました。現代では白物家電、という言い方をされることも少なくなってきましたが、いわゆるそういった『神器』と呼ばれるもののなかに、テレビはまだまだ含まれている、と言えるかもしれません。最近は若者の「テレビ離れ」という言葉が一人歩きしていますが、本来そこには問題がありません。なぜテレビから離れていったのか、やはりコンテンツの質が低下しているから、ということ、そしてそれ以外のもっと面白い、有意義と思える娯楽が進歩して行ったから、と言えます。

インターネットも普及し、それに時間を費やす人がさらに増えました。しかし、そういった時代になっても、やはりテレビの重要性、利用者はまだまだ大勢いる、と言えます。多くの人が、テレビという存在を必要としているのです。

話が本題から少し逸れましたが、その必要とされているテレビは、ある年を持って転換点を迎えました。本来のアナログ放送から、双方向で受信が可能な、地上デジタル放送へと変わったのです。それによって、私達家庭の視聴環境、ある程度変更せざるを得なくなりました。そこで必要になったのが、『地デジアンテナ』…いわゆる、テレビ放送波を受信するための、専用のアンテナです。これが無ければ、テレビを見ることができません。環境を変えるためには、自分で工事を行うこともできますが、業者に依頼する方法等が一般的です。

カテゴリー: 未分類 | 地デジと地デジアンテナ はコメントを受け付けていません。